監理技術者について

湯沢英太郎の監理技術者最新情報

監理技術者とはどのような仕事かについて

監理技術者について

監理技術者という職業があるのをご存知でしょうか。

あまり耳慣れない仕事なのでご存知ない方もいるでしょう。

そこでここでは監理技術者についてどのような仕事であるのか、また年収はどの程度なのかなどについて詳しく紹介していきたいと思います。

監理技術者ですが、業界としては建設業にあたります。

建設現場において、現場の技術水準を確保するために配置しなければいけない職業となります。

監理技術者を配置しなければいけない建設現場というのは元請として3000万円以上になる工事を直接請け負う場合に現場に配置しなければいけないと定められています。

さてこの監理技術者ですが導入されたのは1988年のことです。

この背景には公共工事の専任制を把握する必要性がありました。

そこでこの制度が導入されたのです。

その後2004年にはそれまで開放されていなかった資格者証取得のための講習開講が民間にも開放されるようになりました。

2008年には民間工事における専任の監理技術者に資格者証と講習修了証所持が義務付けられるようになりました。

この監理技術者というのは、建設業法の第26条第1項と第2項に定められているものです。

これに違反すると罰則が科せられることとなります。

関連動画紹介

おすすめリンク

湯沢英太郎の監理技術者最新情報 Copyright (C) www.kaleidoscopekreative.com. All Rights Reserved.